制作の心得 / ウェブコンサルティング 福岡 コンシーティア
福岡県筑紫野市美しが丘南7-7-20


求人ページの作成


ホームページは見てもらうだけではありません。
ホームページに喋らせてみませんか?




制作における3つの心得

あなたのホームページはただ見てもらうだけのものになってはいませんか?

せっかくのホームページなのに、それではもったいない。

ホームページを「見せる」という受動的なものでなく、「喋らせる」という能動的なページにするだけで、決定力が上がり、売上も伸びます!

ホームページに喋らせる方法は大きく3つあります。
  1. 文字に喋らせる。
  2. 写真に喋らせる。
  3. デザイン・レイアウトに喋らせる。
これらができているホームページは、決定力がとても上がります。

文字に喋らせる。

「文字に喋らせる。」というのが一番ピンとくるかと思います。

ホームページで注意してほしいのは、説明文のようになっていないかです。

売上に繋がるホームページには、問いかけるように説明します。

「〇〇という技術を使っています。」 ➡ 「〇〇という技術をご存知ですか?」

このように、実際に目の前に1人お客様がいると思いながら文章を書くことによって、「見る」から「聞く」に変わります。

もちろん、文章を書く技術はこれだけではありません。

「みなさん」を「あなた」に変えるだけでも、ホームページにきたお客様は「自分のことを言っているのかも」と思ってもらえます。

そうすることで、自然と「安心」が生まれ、ここに決めた!と決定してくれるようになります!

写真に喋らせる。

「写真に喋らせる」と聞いても意味がわかりませんよね?

ホームページを作る際、「人の写真」は絶対に不可欠です。
そしてその写真は「笑顔の写真」であれば、なおのこと見に来たお客様に決定してもえます。

なぜ「笑顔」でなければないのでしょうか、ここに「写真に喋らせる」秘訣があります。

笑顔とは逆に、眉間にシワを寄せて、ムカついているような顔の写真を乗せるとします。

あなたならそのような写真をどう感じますか?
一般の人は「怖そうな人だな、気持ちよく仕事してくれなそうだ...」と感じてしまうのです。

それだけで人は避けてしまいます。そんなのもったいなくありませんか?

「笑顔の写真」 ➡ 「来ていただいてありがとうございます!」

「ブスッとした写真」 ➡ 「なにこっちを見てんだよ。」


このように、写真1つで与えられる印象はまったく変わります。

そして、大事なのは「笑顔」だけではありません。
笑顔でも腕を組んでいると、悪い印象を与えしまいますし、
曇った写真より、晴れの写真の方が、いい印象を与えてます。

デザイン・レイアウトに喋らせる。

「デザイン・レイアウトに喋らせる」というのは、どれだけ見やすいホームページにするのか、ということです。

とてもおしゃれで、オリジナリティーあふれるホームページを悪いとはいいません。

しかし、そのホームページは本当に見に来るお客様の気持ちになってデザインしていますか?

「このホームページにはこんな情報があるよ。あなたの知りたい情報はここから見れるよ。」

このように、一目でどの情報がどこにあって、お客様が知りたい情報はここからいけば見れる。
といったデザインでありレイアウトが、お客様を本当に思ったホームページといえます。

これは「色」でも同じことがいえます。

「茶色がメインのホームページ」 ➡ 「シックでモダンな印象」

「オレンジがメインのホームページ」 ➡ 「明るく暖かい印象」


もちろんどの色がいいというのはありません。あなたの会社に合った色でホームページを作りましょう。

当社のサポート

  1. ライティング(文章構成)
  2. ホームページの文章はどうしてもご依頼人様に書いてもらう必要があります。   
    そうでないと、読者に気持ちをは伝えれないからです。

    しかし、どうしても書けないという場合は代理で書かせていただきます。
    その場合インタビューをさせていただきます。

  3. 写真撮影・編集
  4. 写真撮影と編集はこちら行います。
    打ち合わせの際にどのような写真を載せて欲しいのか、要望を承ります。

  5. デザイン・レイアウト
  6. デザイン・レイアウトに関しては、出来上がりを確認していただきます。
    修正や要望がありましたら、都度改善致します。 

「売上が伸び悩んでいる」「もっとお客様を増やしたい」
このような悩みを解決します。ぜひお問い合わせください。
konctia1990@gmail.com
お問い合わせフォーム